オガクズを主原料にした燃料用木炭・土壌改良材・須崎燃料有限会社

須崎燃料有限会社

会社案内

ホーム > 会社案内

ごあいさつ

取締役社長 吉村 一博

常に未来に向かって躍進。
当社はオガライトの生産、次にオガ炭の生産、オガレットの生産、そして土壌改良材の生産と時代のニーズに応え、新製品の開発に鋭意努力を重ねてまいり、出来るだけ多くの人々に喜んでご愛顧いただける企業として、新工場完成と同時に今後一層の技術力向上をはかり、全社員一丸となって皆様のお役に立つ所存でございます。
何卒、倍旧のご支援、ご鞭撻を賜ります様、お願い申し上げます。

取締役社長 吉村 一博

会社概要

創業 昭和39年5月
資本金 500万円
従業員 15名
所在地 高知県須崎市上分丙1758番地1
電話 (0889)46-0811
FAX (0889)46-0539
土地 6,710平米
建物 3,600平米

硬質オガ炭

硬質オガ炭

原料倉庫

原料倉庫

オガライト倉庫

オガライト倉庫

沿革

昭和39年5月 須崎製材協同組合のオガ屑処理工場としてオガライトを製造し販売を開始する。
昭和40年より 土窯によるオガライト炭化事業に入る。
昭和54年 法人に改組、須崎燃料有限会社となる。
昭和60年 連続炭化炉を導入、硬質オガ炭製造にふみきる。
  国産木質オガレット(ハウス加温用燃料・ストーブ用燃料)を開発販売開始。
昭和62年 土改材(炭素材)を製造し販売を始める。
平成元年 工場用地狭隘のため現住所に移転。

地図

社屋外観

社屋外観

ページの先頭へ